スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
最近読んだ本
ようやく体調も戻ってきました。

最近読んだ本

笹原宏之著 「日本の漢字」 岩波新書 
おもしろい本でした。「」とか「」とか「」を人名に使いたいという要望があるらしいです。確かにちょっと見は良さそうですが、もし付けられてしまったらかわいそうです。

如月小春著 「子規からの手紙 シリーズ【物語の誕生】」 岩波書店

以前に図書館からリサイクル本として何気なくもらっておいた本でしたが、この前、松山で子規記念博物館を見てからとても気になったので早速読んで見ました。ただ漠然と仲がよかったとしか思っていませんでしたが、子規と漱石の関わりを時系列的に見てみるとこうなるのかと、感心しました。また、とても浅い見方ですが、漱石の「こゝろ」におけるKと先生の関係は、子規と漱石の関係が投影されているのでは、などと想像してしまいました。

田辺聖子著 「姥ざかり花の旅笠 -小田宅子の「東路日記」」 集英社

高倉健の五代前の先祖に当たる、今の北九州市に住んでいた女性の江戸時代の旅日記について書かれた本です。北九州市の文学館で特集されていた作品で、面白そうなので読んでみました。日光まで来ていたそうで、歩きの旅は大変です。

スポンサーサイト
04/08 21:40 | 最近読んだ本 | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://satorusatoru.blog65.fc2.com/tb.php/1046-bf383d57
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 satorusatoru All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。