スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
最近読んだ本
結局、今週末も皮膚の状態がよくなかったので、家で静養してました。

小田部雄次 著 華族 近代日本貴族の虚像と実像 中公新書

森下丈二著 なぜクジラは座礁するのか 反捕鯨の悲劇 河出書房新書

西沢淳男著 代官の日常生活 江戸の中間管理職 講談社新書メチエ
スポンサーサイト
01/27 20:26 | 最近読んだ本 | CM:0 | TB:0
最近読んだ本
腫れはかなりひいてよくなりました。

最近読んだ本

山本周五郎著 ながい坂 新潮文庫

加藤貞仁 鐙啓記 写真 北前船 寄港地と交易の物語 無明舎出版

加賀乙彦 著 死刑囚の記録 中公新書

NHK「宇宙」プロジェクト編 NHKスペシャル 宇宙 未知への大紀行 1 天に満ちる生命 NHK出版
01/20 18:05 | 最近読んだ本 | CM:0 | TB:0
最近読んだ本
先週の木曜日くらいから、かぶれたようになって、顔が腫れました。金曜日に医者に行ったりして、ようやく治ってきました。天気よかったのでスキーに行こうかと思いましたが、おとなしく静養してます。

最近読んだ本
赤川次郎著 ふたり 新潮文庫
年末にCSで、5年前にアミューズ25周年記念企画で製作されたミュージカル『ふたり』をやっていたのを見てみたら、すごくよかったので原作を読んでみました。さすがにいい作品でした。

塩村耕 著 こんな本があった!江戸珍奇本の世界 古典籍の宝庫岩瀬文庫より 家の光協会

NHK「世界遺産」プロジェクト 河邑厚徳 著 日本の世界遺産 
秘められた知恵と力 NHK出版
01/19 20:25 | 最近読んだ本 | CM:0 | TB:0
今日は

今日は、福島県の会津高原だいくらスキー場へ行ってきました。10時過ぎに出発して、13時前に着きました。約100km、2時間半くらいです。福島県に入る手前位から道に雪が積もってましたが、特に難なくつくことができました。

ここのリフトはフードつきなので、寒い思いすることなく快適です。そして主に初心者がすべるコースに向かうリフトは特にがらがらで、コースにも人があんまりいなくて、最高でした。ずっと降ってたこともあり、雪質も最高でした。一人でスキー場に行くのは初めてなので不安もありましたがまったく問題無しでした。

ただ、あえて言うと、一人だと、冒険せずにずっと初心者コースで満足してしまって、あんまり上達には結びつかないような気がしました。これは、これからの課題だと思います。とにかくこのスキー場はよかったので、今後も行きたいと思います。

IMG_7546.jpg

スキー場近くの帰り道です。どんどん融けていて、問題なく走れました。

IMG_7547.jpg

だんだん降りてきました。
IMG_7549.jpg

IMG_7550.jpg

 

栃木県の五十里湖です。

IMG_7551.jpg

IMG_7552.jpg

IMG_7553.jpg

二日間、雪道を走ったコルサです。汚れてます。

IMG_7554.jpg

IMG_7555.jpg

IMG_7556.jpg
ということで、帰りもほぼ2時間半でぶじ帰りました。

01/14 18:58 | スキー | CM:0 | TB:0
今日のできごと

昨日は、熱はなかったものの、なんか体調がおかしかったので、久しぶりに皮膚科に行った以外は家で寝てましたが、その間に初雪が降ったようです。

今日はすごく天気がよいようなのでスキーに行ってみることにしました。日光湯元スキー場というスキー場が近そうなので向かってみました。

IMG_7521.jpg

IMG_7522.jpg

IMG_7523.jpg

IMG_7524.jpg

 

だんだん周りに雪が増えてきました。

IMG_7525.jpg

IMG_7526.jpg

IMG_7527.jpg

 

いろは坂を登ります。昔、ブレーキが効かなくって事故りかけたトラウマもあり、雪道の運転は大変苦手なので結構怖いです。しかもコルサはFFなので、よく滑ります。

IMG_7528.jpg

このあと、無事、いろはを登ってさらに戦場ヶ原を越えて湯の湖のほうまで、圧雪の道を走り続けてスキー場にたどり着きました。が、すごい人で駐車場は満車で、しかも北風が吹き荒れてる状態だったので、ここでのスキーはやめました。

ということで、今来た道を引き返し、第一いろはを、超こわごわ降りました。日が当たってて少し融けてたので助かったと思います。

このまま帰るのもつまらないし、昨日のうちに、湯西川温泉に小さなスキー場があることを調べておいたので、そっちに向かいました。

 鬼怒川温泉までは雪はなかったのですがその先から結構降ってきました。

IMG_7529.jpg

IMG_7530.jpg

すごーく雪道を走って湯西川温泉に着きましたが、スキー場の看板が見えなくってうろうろしてると、小さな看板があって、何とか着きました。

が、駐車場がどこなのかよくわかりません。適当に止めて、見に行くと、スキーをしている人はいなくて、そりで遊んでいる人たちが数人いました。案内の看板を見てみると、もう営利でやってなくて、PTAがボランティアで管理していて、自己責任で遊んでくださいとのことです。強烈な北風も吹いているし、リフトのようなものも動いてないので、やはり帰ることにしました。

IMG_7532.jpg

湯西川温泉からの帰り道です。長いです。
IMG_7533.jpg

後、数年ですごくいい道ができそうです。待ち遠しいです。
IMG_7534.jpg

IMG_7535.jpg

IMG_7536.jpg

IMG_7537.jpg

IMG_7538.jpg

IMG_7539.jpg

国道121号線に戻って少し北上したら、中三依駅前にスキー場があるとの看板があったので行ってみました。


IMG_7540.jpg

でも誰もいませんでした。

IMG_7541.jpg

IMG_7542.jpg

IMG_7543.jpg
ほんとに駅前の目の前がスキー場なので、実に便利なスキー場だったかもしれません。残念です。
IMG_7544.jpg

ということで、家に帰りました。あんまりマイナーなスキー場には行かない方がいいことがわかりました。気が向いたら明日こそスキーをしたいと思います。

01/13 19:59 | スキー | CM:1 | TB:0
template design by takamu
Copyright © 2006 satorusatoru All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。